聞こえの悩み承ります!突発性難聴は早期治療が肝心~病院でクイック診察を~

医者

聞こえの悩み承ります

ファミリー

聴力を調べてみましょう

ストレスの多い生活環境から発症する突発性難聴や、外傷性難聴のように騒音の中を長時間仕事をすることにより起こるものなど、さまざまな難聴があります。高齢になると眼や歯と同様耳も衰えていき、難聴や耳鳴りが起こることがあります。耳鼻科を受診すると、どちらの耳のどの音域が聞こえにくいのか聴力検査を受けることができます。検査により算出されたオージオグラムを補聴器販売店へ持参すると、自分に合う補聴器を選定してくれます。専門性が高いため自己判断が難しく、販売店と相談する事により、適切な機種や使用方法を教えてくれます。また、定期的なメンテナンスが必要なため、信頼できる通いやすい販売店を選びましょう。高齢になり自分で判断が難しい場合には、家族と同伴すると詳しい説明を忘れずに聞くことができます。

定期的に調整しましょう

補聴器販売店では、聴力検査を行い予算や形状、どんなときに使用したいのか細かく相談することができます。高額であっても自分の聴力に合わないものを選定するとよく聞こえず、買い替えサイクルが短くなってしまいます。聴力レベルに合ったものを必ず選定し、まずは試聴をさせてもらいましょう。補聴器の音色は人により感じ方が違います。会話音より雑音が気になったり、自分の声に違和感を覚える事もあります。装用後すぐに慣らそうとせず、少しづつ使用していくことで自分好みの音色に調整することができます。補聴器には雑音制御や音の明瞭感を上げたり、ハウリングを抑えたりするさまざまな機能が付いています。これらを使用して相性の良い音色を作り上げていきましょう。